僕は星どろぼう

comments

profile

八束

八束

都内に通う大学生ッ

links

本館 

スポンサーサイト --.--.--(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告編集

コミティアお疲れ様でした&お返事 2015.11.20(Fri) 

コミティア114お疲れ様でした。

おかげさまで持ち込んだ分はすべて完売しました。
『破壊せよ、と彼女は言った』は再販在庫がゼロになったので、通販の予定はありません。今後の再販もたぶん無いです。
『テネブレ』についてですが、初版は通販含めてすべて買い手様がつきましたので、来月あたりをめどに再販する予定です。
次回のコミティアにも参加予定なので、そのときにも持っていけたらと考えています。
完売したのはありがたいことですが、部数の読み違えとか色々あったので反省中……です。本を刷るのは難しいですね。

イベント終わってほっと一息つけたので、当面は卒論を終わらせることを第一にがんばります。来月はスペクターの上映があるのでそれを頼りになんとか。生きていける気がする……。
友人が一足先にフランスで観たそうなんですが、ダニクレボンドは今作で終わり!的な結末だったらしいのでめっちゃ悲しい。


拍手ありがとうございます。
続きは頂いたメッセージのお返事です。



>二条空也様
こんにちは!こちらこそいつもお世話になっております。
今回はテネブレを手に取っていただき、本当にありがとうございました。
少しでも二条さんの琴線に触れるものがあったなら何よりだなあと思います。
テネブレは長いスパンを話のなかに詰め込んで、極力ニムロドの視点を排除して書いていったのですが、それでもニムロドの心中に思いを馳せていただいて作者としてはほんとうに嬉しいです。二条さんの「遠くに薄く差しこんでいる~、」の表現があまりに的確で、そして私が現したかった部分でもあるので、すこしでも伝わってよかったなあと感じています。
何度も面白いという言葉を賜ってしまい恐縮ですが、嬉しいです。描写のほうも多少なりとも気を遣って書いていたので、お言葉がしみます。ありがとうございます。
異形師の花嫁、まだ拝読できていないのですが、めくってみて、すごくこだわり抜かれた装丁にドキドキしてしまいました。大切に読ませていただきます。素敵な感想をありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント : 0トラックバック : 0 お返事編集

comment

  

コメントの投稿

管理人にだけ表示を許可する

trackback

Next |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。