僕は星どろぼう

comments

profile

八束

八束

都内に通う大学生ッ

links

本館 

スポンサーサイト --.--.--(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告編集

2013年統括 2013.12.31(Tue) 

今年も残すところわずかとなりました。
2013年も『Hyaha』、そして私の創作にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

私生活ではバイト先の元上司がお金を持ち逃げしたり(笑)、サークル幹部になったり、無事第一希望のゼミに入ったりなどなど、色々ありましたが充実した一年だったと思います。
また色々な縁が広がった年でもあったと思います。繋がった縁を大切に、来年も過ごしていきたいです。



2013年、創作の統括。

<完結作品>
『もがきながら追いかけてゆく』(本編)
今年書いたなかで一番長い話はこれかな、と思います。また一番多くの方に読んでいただいて、反応をいただけたのもこの作品ではないかと思います。
宮崎駿版『風立ちぬ』で、「風立ちぬ、いざ生きめやも」というフレーズが出てきたと思いますが、まさにそんな話です。風が立った、生きることを試みよう。生きねば、ではなく、生きようとすること。そのラインを越えるのはどうしたらいいか、私なりに模索したお話でした。

『アル・アンダルス』
オチありき……(笑)と言ったらあれですが、純真ヒーローが転げ落ちる様を書けて楽しかったです。アンヘルのその後は、小説家になろうに転載中の『Losr Corner』の最後の番外編で垣間見ることができます。

『ざくろの種』
元ネタ?というか、インスピレーションのもとは映画『ざくろの色』です。色々と課題が残った作品だなぁ、と思います。ジェンダーについてはもう少し思索を深めたい。あと、サルキスは今までと異なるタイプのヒーローだったので、そのあたりも書いていて楽しかったです。

『もがきながら追いかけてゆく』(後日談)
主人公はアスールといっても過言ではない。もが追いのその後にあたる話ですが、彼とアリシアが前を向いて、なんとか生きていこうとする話でした。タイトルの「クォ・ヴァディス」は聖書由来。有名な海外作品の題名にもなっています。意味は、「あなたはどこへ行くのですか」

連載中、短編、もが追い改稿版をあわせ、今年の総文字数は「43万6384字」でした。
へたをしたら三年かけた銀河に匹敵する……。いかに暇人だったかわかる文字数です。

今年書いたお話のなかで、どれかひとつでも皆様の心に引っかかるものがあれば、それに勝る喜びはありません。
来年も楽しく創作していきたい所存ですので、2014年も『Hayha』をどうかよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメント : 0トラックバック : 0 雑記編集

comment

  

コメントの投稿

管理人にだけ表示を許可する

trackback

Next |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。