僕は星どろぼう

comments

profile

八束

八束

都内に通う大学生ッ

links

本館 

スポンサーサイト --.--.--(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告編集

お返事 2013.10.29(Tue) 


ざくろ完結にあたっての拍手やコメント、本当にありがとうございます!
書いているあいだも勿論楽しいですが、こうして色んな反応を頂けると、
書いた甲斐があったなー!と嬉しくなります。

続きからは頂いたメッセージのお返事です~!


>アンヘルとフリアのイチャイチャが~の方
いつかお目にかかれるようにがんばりたいと思います!コメントありがとうございました!

>ざくろの種を拝読いたしました。最初は~の方
こんにちは、メッセージありがとうございます!
作中に仕込んでいる細かなネタにまで気付いていただけたようでとても嬉しいです!舞台のイメージがアルメニアだったので、姓名はそのあたりから拝借していました^^ 
マミコニアンやアヴォヴィアンはさることながら、シャジャール→シャジャル・アル・ドゥットゥル、サルキス→セルゲイ・パラジャーノフのアルメニア語読み、という具合です。
世界観は資本主義が浸透する前、普遍的価値観ニアイコール宗教的価値観、とざっくりとした感じでした。ちょいちょい挟まれていた社会学的なアレやコレは完全に私の趣味でした……(笑)
シルヴァやアルツルにまでコメントを頂けて嬉しいです!!ありがとうございます。
続編はいまのところ未定ですが、近いうちに後日談を掲載できたらと思っています。嬉しいメッセージ、そしてざくろの連載にお付き合いいただき、本当にありがとうございました!


>明子さん
わあああ、明子さん!メッセージありがとうございます!
最終章一気読みお疲れ様です~!嬉しい!女ばかりのバトル風景にひとり混じる軍人でした。なんで混じっていたんでしょう……(笑)
恋愛要素は最終的にあきらめの境地でしたが、ラッキースケベことサルキスががんばりました。手は早そうなので発展は本編後に期待なんじゃないかと思います。
色名にまで気づいてくださってありがとうございます!文章が全体的に味気なかったので、色名でせめて雰囲気を出そうとあがいた結果でした。カラスタンにおそらくほおずきは(気候的に)自生しないですが、雰囲気です。雰囲気。
そしてまさかメモられていたとは……!粗だらけで申し訳ないです。説明文は書いている人間がついていけないので極力削った結果があれです。お陰で本編で補足したりないことがたくさん(;▽;)
更新スピードは暇人のなせる業ということで……お仕事も習い事もきっちりやられながら執筆にいそしんでいらっしゃる明子さんが眩しいです!だめ人間でごめんなさい!
こちらこそ、ざくろには最初から最後までお付き合いいただけて本当に嬉しかったです。そして嬉しいメッセージ、本当にありがとうございました!


>ふら様
ふらさんこんにちは!メッセージありがとうございます~!
たくさん出てきた少女の一人でも、少女二ストのふらさんの心を打ちぬけたならば幸いです。マリアムは私としてももうちょっと書き込みたかったのですが、都合上早々の退場となってしまいました(;▽;)
シャジャールは多少の捻くれはありましたが、比較的真っ直ぐで子どもらしい子だったんじゃないかと思います。シルヴァは芯の強さが表せていたならば幸いです。そしてまさかの院長にまでお言葉をいただけて、こっそり嬉しいです!
サルキスを気に入っていただけたようで嬉しいです!ずっと芋を焼いていればよかったのですが、そうしているとお爺さんになってしまうので、早々に行動を起こしてしまったようです。左遷されたと思いきやきっちり目的を果たして16歳JKをお持ち帰りするあたりが非常に憎い男ですね……
一番好きと言っていただけて、内心ガッツポーズです!あれ、アスールは……と思ったらヒロインでしたね。失礼失礼。サルキスならシャジャールを幸せにしてくれるでしょう……と言いたいところですがシャジャールは自力で幸せになると思います。サルキスはマスコットキャラクター的なアレで。(自分でも何を言っているのかわかりません!)
最初から最後までのお付き合い&嬉しいメッセージまで、本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント : 0トラックバック : 0 お返事編集

comment

  

コメントの投稿

管理人にだけ表示を許可する

trackback

Next |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。