僕は星どろぼう

comments

profile

八束

八束

都内に通う大学生ッ

links

本館 

スポンサーサイト --.--.--(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告編集

お返事 2013.03.19(Tue) 

最近ロスコの改稿をしているのですが、ドンドン削れること削れること……。
20万字弱だったものがあっという間に17万字台に。まだまだ削ります。

拍手ありがとうございます!
続きから頂いたメッセージのお返事です。


>梶つかさ様
お久しぶりです!
受験お疲れ様でした&第一志望合格おめでとうございます!この度は貴重な休み期間に拙作を読んでくださり、本当にありがとうございます!
ユリアナはまさに私の思う「土の味」の最たるものでした。最終的に許して受け入れて、そうして彼女が前を向く姿勢を形作れていたならば何よりです。不幸な14歳よ……と嘆きたくもなりますが、まあ最終的になんとか収まるところに収まれてよかったです(笑)
クラエスはぶっちゃけこいつどうしてやろうかとか思ってたんですが、書いていく間に本人自体が動き出してくれた感じです。今まで敷かれたレールを屈折しながらも歩まざるを得なかった彼ですが、自らの意思でそれを裏切り、仰る通りに自分の居場所をみつけたんだと思います。ユリアナとの対比、と言っていただけて本当に嬉しいです。この物語の中で一番報われたのは彼かもしれません。
ヨクトシアとヨルガの名前の関連、もうほんと適当ですみません……(笑)内心鎧兜の裏でハラハラしていたことが多かったんじゃないでしょうか、彼。
人間はサイルの氾濫には勝てませんが、そこから何を思って生きるのかが大切なんですよね。梶さんの表現があまりにも的確で、ぐっときてしまいました!ありがとうございます。ユリアナ達はこれからも時に苦しみつつ、しかししたたかに生き抜いていくのだと思います。
もが追へのお言葉もありがとうございます!私もアーシャラフトの連載、応援しています。あと一幕ですね!
素敵な感想、嬉しくて嬉しくて何度も読み返してしまいますー!嬉しいメッセージを、本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント : 0トラックバック : 0 お返事編集

comment

  

コメントの投稿

管理人にだけ表示を許可する

trackback

Next |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。