僕は星どろぼう

comments

profile

八束

八束

都内に通う大学生ッ

links

本館 

スポンサーサイト --.--.--(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告編集

本の枕 2012.08.09(Thu) 


先日、紀伊國屋本店でやっている「ほんのまくらフェア」に行ってきました。
どんなフェアかというと、小説の書き出しだけで本を選んで買うというもの。実際に買ったものがこれです。

IMG_7028a.jpg

ビニールで包装されているので、一切中身は見れず。(これの中身が何だったのかは……秘密で!)
書き出しだけで本を選ぶという試みが斬新で、個人的にすごく楽しんで帰ってきました。やはり都内に進学してよかったと思うのはこういう面白い機会が色々あるということですね……。

私の場合物語を書いていても、お話の最初の書き出しはすごく緊張するし、どういう一文で始めようかとかなり悩んでしまいます。いい機会だと思って、自分の書いたお話の書き出しも見直してみたりしました。
銀河は冬の描写から、ロスコは「サイルには敵わない、という言葉がある」から始まっています。こう見てみると、なんとなく物語全体の雰囲気を出そうとあがいているような。どちらにしても、話の中で書きたいものを出している気がします。
こう言ってしまうとロスコのネタバレになるような……??
でもロスコの書き出し自体は、ずっと前からこれにしようと考えていたものだったりします。実際にあることわざなのですが、人間の無力さだとか自然の脅威だとか、日本の価値観とはまた微妙に異なっていてそこがすごく面白いと思います。

話がずれそうなのでここらへんで。そんな感じで、ブックフェアに行ってみた報告でした。
スポンサーサイト

コメント : 0トラックバック : 0 雑記編集

comment

  

コメントの投稿

管理人にだけ表示を許可する

trackback

Next |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。